家具木材の種類(国産家具)

家具に使用される木材についてご説明します。家具選びのヒントにご利用いただける、なるほど便利!な豆知識。

針葉樹類

スギ

建築用材として多く用いられる、わが国特産の代表的樹種。やや柔らかいが、比較的狂いは少なく、加工は容易。古木には特殊な杢が現れることが稀にあり、和家具の材料として珍重されています。

マツ(パイン)

主に建築材に使用されていますが、昨今カジュアル家具など、ヤング家具に使用。耐水性が高く、赤マツ、黒マツがあります。価格はお手ごろです。

ヒノキ

昔は「たる」や「おけ」に使用され耐水性に富んでいるのが特徴。木肌が美しく、白色とピンク色を有しており、ヤング家具や床のフローリング材に使用されてきました。暖かい九州などが主な産地です。

広葉樹類

クリ

明治、大正、昭和初期は、木目がケヤキに似ているため家具に多用されました。耐水性に富み、建材や家具に適した木材ですが、昨今、国内では希少で、中国からの輸入にも頼っています。戦前には、鉄道の枕木として利用。中高級木材に属します。

ナラ

全国で手に入りますが、良質材は寒冷地に有し、建築材、家具材、スキーなどに愛用された高級材です。狂いが少なく、木目が美しいのが特徴。加工性は中程度です。米国のオーク材とは目合いが異なり、北海道のミズナラは世界的に良質材として認識されています。

ブナ

ビーチ材ともいわれ、白色で弾力性に富み、世界的にも曲木や家具に多用されてきた家具の銘杢です。割れや変色、狂いが生じやすいのですが、昨今の乾燥技術の発展で問題は少なくなりました。

サクラ

日本の銘杢とされる代表的な家具材。多種に及びますが、代表的なのがミズメサクラ。同樹主系でマカンバや雑カバ、目白カバなどがあり、木肌も白味や赤味できれいな肌合いの木材。主に本州から北海道に産する高級材です。

ケヤキ

超銘杢とされる建築用や建具用、そして家具材として愛用された高級材で、1立法メートルあたり50~100万円もする木材です。目合いが美しく、柾目や板目など代表される銘杢です。寒冷地のものほど良質です。

タモ

アッシュ材とも呼ばれ、中国やロシアにも多く、気候を問わず世界中に分布しています。運動具材や家具に多用され、木目が美しく加工しやすいのが特徴。ナラやクリの目合いに似ている中高級材です。

カエデ

メープル材とも呼ばれ、北米が主産地です。建築材や家具材に多用され、硬く柾目は緻密で色白く、絹のような光沢を持っています。生地色家具に適した木材です。

ニレ

本州に産し、特に寒冷地のものほど良質です。エルムとも呼ばれ、主に家具材や建築材に多用される木材です。目合いはクリやタモ、そしてケヤキなどに類似しています。

キリ

昔から家具の表面材や引出し材に使用されてきた軽く柔らかい木材です。国内では、南部桐、会津桐が有名。高級木材です。寒冷地のものほど高級材として認識されています。

その他の家具お役立ち情報を見る
家具のお手入れ法家具の補修法日本の主要家具産地家具塗装の種類
|家具木材の種類(国産家具)|家具木材の種類(輸入家具)家具合板の種類