家具の上手な手入れ

家具のお手入れ方法のコツをご紹介!ご参考にしてみてください!!

   当店では、塗装の直しや、修理などは行っておりません。

木製家具の場合

1、塗装をしたものでツヤのあるもの

2~3日に一度は柔らかい布でから拭きしましょう。
汚れのひどいときは、石鹸水を少しつけた布、または市販の家具用クリーナーで汚れを拭き取り、ワックス、シリコンなどで磨きます。

2、塗装をしたものでツヤを消したのも、メラニン化粧品のもの

から拭きだけに留めてください。
汚れのひどい時は、その部分だけを石鹸水をつけた布で拭き取り、その後必ず柔らかい布でから拭きします。
家具用ワックスやシリコンを使いますと、ムラになりますので絶対に避けてください。
デコラなどメラニン化粧版のテーブルはさっと水拭きして、その後、水気が残らぬよう乾いた布でから拭きします。しょう油、油は中性洗剤液を浸した布で拭くと落ちますが、その後も必ずから拭きします。

3、白木のもの

埃を払ってから柔らかい布で拭きましょう。
ものによっては白木用ワックス(市販)で拭いておくと汚れが染み込まず、いつまでもきれいに使えます。
桐タンスのようなものは水分、油分は禁物ですから注意してください。
日光によって変色しやすいので注意しましょう。

ソファ・椅子・ベッド類

1、布張りのソファ、椅子など

汚れは軽く叩くか、ブラシ、歯ブラシなどでこすり、掃除機で吸い取ります。
飲み物などの汚れは、中性洗剤を含ませた布で拭き取り、油の場合はベンジンを含ませた布で吸い取り、いずれの場合もその後、温かい湯を含ませた布で拭き取ってください。

2、合成皮革張りのソファ・椅子など

汚れは市販の専用クリーナーを使って拭き取ってください。汚れは少ないうちに手当てするのがコツです。
濡れた布で拭くと、細かいひび割れができる原因になりますので避けてください。

3、革張りのソファ、椅子など

汚れは市販の革専用のクリーナーを使って拭き取ってください。
シンナー・ベンジンは革をいためますから使用を避けてください。
バックスキンの汚れはブラシ、歯ブラシでブラッシングするか、消しゴムで汚れを落としてください。

籐製の椅子など

籐製品は石鹸水で拭くと黄色に変色することがございます。食塩水の使用をオススメします。

ベッド類

マットは同じ状態で長期間使うと、一部分が変色することがありますから3カ月に一度のペースで、前後を反転させて使用してください。
日光に当てマットを乾燥させてください。フォーラムラバーのマットは、日光で変形することがありますので、必ず日陰干しにしてください。

じゅうたん・カーペット・敷物

月に一度はぬるま湯に市販の洗剤を入れ、タオルをよく絞って表面を拭いてください。
使用しないときは、陰干ししてから、表を内側にして巻き、紙などに包んでから湿気のない場所にしまいます。

  当店では、塗装の直しや、修理などは行っておりません。